*

国内で本格SRSを受けた結果-佐藤さんの体験談

公開日: MTFのSRS(性別適合手術)

佐藤さんのSRS性別適合手術の実体験

涙

2012年の夏に、ナグモクリニック名古屋で本格SRSを受け、
手術当日から術後の経過を詳細にブログで綴っておられます。

出典:佐藤さんの性別適合手術記録ブログ
http://ameblo.jp/sugar2988/

桃子の一言

佐藤さんの体験談を読んでみて、
本当にリアルだけど、MTFのみんなが必要としている情報だと思いました。
そこで、以下に佐藤さんの体験談を簡単に、まとめてみました。

手術当日

朝5時に起きて下剤を2リットル飲む。
あれだけ大変な手術をするのに、たった一泊の入院。これが一番の不安材料だ。
持ってくるように言われていたスカートをホテルに忘れる。

手術室に入ると硬膜外麻酔の針を腰あたりに刺された。
そして、あとは覚えていない…。

自分の名を呼ぶ声が聞こえ、手術が終わったことを知った。
尿道チューブが気持ち悪い。
私は人一倍こういうものが苦手だ。
尿が出て行って空になると必ず痛みがあった。
尿が無くなると挿入された管の先が萎んだ膀胱の壁に当たり痛いのかな?と想像した。

手術の次の日

お○らが出そうなのか便が出そうなのか分からない変な感じが苦しかった。

今日はビジネスホテルに移らなければならない。
こんなに苦しいのに退院なんかできるのだろうか。
すごく無理があるように感じた。

尿を溜める袋を取り去り、尿道からチョロっと出た短いチューブだけして、
チューブの先はクリップで留められた。
トイレに行くのは大変だった。
吐き気がして便座から立ち上がることもできなくなり、滝のような汗が流れた。

先生が来て「退院っ!」と言った。
着替える気力は無かった。

大人のオムツと尿道のチューブをしたまま、病院着を貸してもらう。
クリニックから歩いて5分程度の距離にあるビジネスホテルまでタクシーで移動する。

看護師さん主導で手続きをしてくれるのかと思ったが、まったく違った。
看護師さんは基本的に付き添ってくれるだけ。
自分で、ホテルの受付で名前を書き、お金を払った。

手術2日~3日

ホテルにはきっと看護師や医師が時々様子を見に来てくれるものだろうと思ったが、
それは甘い考えだった。看護師も医師も、一度も患部を診に来たことは無い。

私は11日間、一度もカーテンも開けられず薄暗いビジネスホテルの部屋の中で過ごさなければならなかった。

膀胱炎を防ぐため水はたくさん飲むように言われている。
ミニ炊飯器で米を炊いたが、食欲が出ず、持参したカロリーメイトを頑張って食べた。

大人のおむつは、すぐ血で汚れる。
取り替えたオムツで大きなゴミ袋がいっぱいになるのに、そんなに時間はかからない。
だんだん臭いもしてくる。
血が古くなると、こんな臭いがするのだろう。便座にも血がつくし、ベッドのシーツも汚れる。
地獄だと思った。

夜それほど深くは眠れない。
医師ができるだけ仰向けで足を閉じて寝ているように言っていた。
そんな同じ姿勢では腰が痛くて寝られない。
時々横向きにもなった。
ベッドのすぐ横にあるカーテンを握り締め、耐えた。

4日目、植皮の手術の日

手術時間は短く、感覚的にはすぐ終わった。
全身麻酔では無く、静脈麻酔+局所麻酔なのではないかと思う。

術後に医師が
「拡張を人の何倍も頑張らないといけない」と言っていた。
皮が足りなくて、皮は奥の部分しか貼っていないそうだ。
でも皮膚の細胞がどんどん飛んで広がって傷口を覆ってしまうと言われた。

後に私の患部はかなりの部分が化膿することになる。
何の説明も無かったが、この時点でもかなり状態は悪かったのではないかと思う。

5日目、移植手術から2日間

できるだけ足を閉じて仰向けに寝て動かないようにという指示だった。
しかし実際はビジネスホテルで一人、放置状態。

私はタオルを持参していなかったので、ホテルの物を使った。
クリニックから数枚タオルを借りてもいたが、追加をお願いしたら難色を示された。
ホテルのを使えばいいと言う。

~10日目

6日目・7日目・8日目・9日目は、ずっとホテル。

10日目診察を受けに行く。
クリニックの待合室で1時間も待たされることもあった。
座ると患部が痛いので立っていた方が楽だと思って立って待っていたが、これは失敗だった。
結局、1時間も待たされ本当に疲れた。痛くても座ったほうがマシだった。

★ここで佐藤さんのアドバイス♪
SRSと言えば、円座(ドーナツ型のクッション)が必需品と言われている。
でも私はぜんぜんコレが良いとは思わなかった。U字型の方がいい。
車の中なんかで使う首枕が良いと思う。好きに形を変えられるし、絶対ドーナツより楽。

「処置をします」と医師に言われて、無麻酔で患部を縫われたのは本当に痛くて恐怖だった。
痛いなんてものじゃない。

11日目

いよいよ膣の中の詰めものが抜去される。
尿管のチューブも抜かれる。

婦人科椅子の上で大股開きになり、尿の管が抜かれると
おしっこが流れ出たのは覚えている。
もちろん麻酔などは無い。

無造作に医師が太さ30ミリのシリコン製の棒を入れた。
こんなことを自分で毎日するのかと思うとゾッとした。
シリコン棒に輪ゴムで印をつけ、ここまで入れなければならないと
教えられた。深さ15センチぐらいだろうか。
医師は、技術があるので深くは造れていると言った。
「とにかく30ミリでガンガンやって」

クリニックを後にし、ホテルに帰った。

自分でやってみなければならなかったが、
穴がどこにあるのか分からなかった。
嘘みたいだが、お尻をソレと間違えそうにもなった。

翌日、帰宅の許可
めでたく新幹線で家路についた。あの状態でどうやって帰ったのだろう。

帰宅した翌日

帰宅し、鏡で患部を見て驚いた。想像していたのと、あまりにも違っていたからだ。
例えるならウインナーソーセージにとろけるチーズを乗せて加熱した感じ。
つまり患部は黄色っぽい色に覆われていた。
化膿したような、健全では無い感じだったのだ。
「これは大変」と医師に電話。
すると「今あなたにできるのは拡張を頑張ることだけ。
30ミリでガンガンやって」ということだった。

この頃から毎日患部の写真を撮るようになった。
見れば見るほど気持ち悪い。

その後

その後、ナグモクリニック名古屋に一度行きました。
大腸を使った再手術にはいくらかかるのかなど、訊きに行きました。
もともと提示されていた金額でしてもらえるのかと医師に尋ねますと、
そんな金額を言った覚えは無い。
証拠はある?と言われ、驚きました。
結局、書類が残っていたらしく、その金額でOKとのことでした。

“手術申込書”を受け取りましたが、
それには「性別:男」と書いてあり、
まったく配慮も優しさも無いなぁと感じました。

某医療機関の某医師に患部を診察の結果

某医療機関の某医師に患部を診察してもらうことができました。
その結果‥。

大陰唇、小陰唇にタックが入って無く、メリハリがまったく無い。
陰核(クリトリス)が埋没してしまっている。
縫い跡が汚い。
‥と、膣が閉塞していることはともかく、外観について散々なことを言われました。
陰唇にビラビラ感がまるで無いし、陰核が見当たらない。傷跡が目立つしコリコリと硬い部分もある。

その点についてナグモの医師に以前メールで問い合わせたら、
医師が「私の患者さんの外観としては経過は問題ありませんが、
気になる箇所があるのでしょうか?」(原文のまま)という返信でした。
そう言われれば、もう仕方が無い。これが彼の技術の限界だと言うことです。

でも本当にガッカリな結果になりました。
もし手術前に戻れるのなら‥と思います。

佐藤さんからのメッセージ。
私が言いたいのは、今から手術を考えている方は、本当によく考えてほしいということです。
取り返しがつかないです。
私は過去の自分が手術を簡単に考え、バカだったこと、後悔しています。
人生一度きりで時間が無いのに。

(SRS)性別適合手術から2年後。

このところ患部の調子が悪く困っています。
出来損ないの穴から出る汚染水の量がひどく、感染したような感じです。
陰部全体が痛いです。仕事をするのも難しいです。
なぜこんな目に合わないといけないのか、情けないです。

以前私が「このまま放置していても病気になったりしないのでしょうか」という質問をしたところ
執刀医師は「考えられない」言っていました。
しかし、血混じりの汁が出るような状態で、
穴の中は触ることもできず清潔を保つことが難しいのに、
これが考えられないことなのか、とても疑問です。

今度別の医師の診察を受けたいと思っています。

桃子のコメント

よく、日本より国外の方が性別適合手術の技術が進んでいると聞きますが、
国外では、ただ手術の経験数が多いだけで、手術を受ける側の身体の負担は、
国外も国内も同じなのです。

現在の性別適合手術の技術で、手術を受けて、穴からでる汚染水と戦う苦の毎日であれば、
今は我慢をし、より良い技術になるまで待ってもいいと桃子は思いました。
なぜなら、造膣術を行う適合手術をしても、結局は完全な女性にはなれないのなら、
今すぐする手術ではないと思いました。
とりあえず、性別変更をしたいのなら、造膣術を行わない適合手術をもありますしね。

佐藤さんの体験談は、私たちMTFに、なくてはならない重要な情報だと思います。
この場をお借りして、佐藤さんが自らの性別適合手術記録を配信してくれたことに感謝をしております。

出典:佐藤さんの性別適合手術記録ブログ
http://ameblo.jp/sugar2988/

関連記事

国内で性別適合手術(SRS)を受けた真理子さんの体験談

2013年1月に性別適合手術を受けて女性の身体を獲得した真理子さん。 なんと、真理子さんは

記事を読む

簡易SRSと本格SRS-あなたはどちらを選択しますか?

◆SRSの意味を簡単に。 皆さんご存じかと思いますが、 知らない方のために、簡単に復習しましょう

記事を読む

②造膣術を行う適合手術(本格SRS)

★尿道と直腸の間に空洞を形成し、見た目だけではなく機能的にも女性器に近づける方法 (!)手

記事を読む

①造膣術(ぞうちつ-じゅつ)を行わない適合手術(簡易SRS)

 ★造膣を行わずに、睾丸摘出と陰茎切除を行い、見た目を女性器に似せる方法。 (!)新しい性

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑